小川町移住サポートセンター

お問い合わせはお気軽に TEL.0493-74-1515

手漉き和紙や酒造のふるさとであり、有機農業の草分けの地でもある小川町。
都心から電車で約1時間。豊かな自然と多様性あふれるコミニティ。
そんな小川町の移住情報をお届けします。


小川町の魅力

Ogawa Spirit

まちの記憶を受け継ぎながら暮らしていくことを、私たちは「住み継ぐスタイル」と名づけました。
このページでは小川の家をふるさととして育った人(物件オーナー)と、
その家を未来のふるさとにしていく(移住者)のエピソードを紹介します。

笠間洋右さん・俊宏さん
(カサマ・エステート)

山下嘉彦さん・由美子さん
(有機野菜食堂「わらしべ」)

柳敏郎さん
(小川不動産)

赤堀敬祐さん・香弥さん
(だいこんや農園)

田中克彦さん・照子さん
(小川町創り文化プロジェクト)

小林友宜さん・村山日代妃さん
(フローリスト・庭師)

加藤久典さん

湯浅学さん
(音楽評論家)


移住情報

Information

人口、都心からのアクセス、特徴などお伝えします

移住希望者の住まい探しのサポート情報です

小川町は保育園の待機児童ゼロ!子育てに関する情報です

小川での「仕事」に関するお役立ち情報


最新情報

Blog

ブログ

広報おがわ 7月号 移住サポート通信

2018年07月19日 投稿者:八田さと子

空き家の管理 どうしたらいいの?

 

小川町内には空き家が約1600軒。その管理責任は所有者・管理者にあります。放置された空き家は犯罪、災害、衛生等の問題が発生する心配があります。では、持ち主はどのような管理をしたらよいのでしょうか? 空き家管理士にお話を伺いました。

 

Q:建物は使わないと痛みが進行すると言いますが、掃除や換気でも効果はありますか?また、どのくらいの頻度で手を入れるのが理想ですか?

A:簡単なことでも効果はあります。掃除も大事ですが、管理していく上で片付けは重要です。要らないものは捨てましょう。また、換気は木造家屋の維持という点で重要です。虫の発生や悪臭を防ぐという点では、シンク等への注水も重要です。1ヶ月に1回程度手を入れるといいでしょう。

 

Q:空き家の傷み具合をチェックするポイントはどんなところですか?

A:定期的な管理が必要だと思います。毎月建物の内壁、外壁、天井などを掃除しながらしっかり見てみましょう。比較して悪くなったところは早めに手を入れることです。

 

空き家は荷物を早めに片づけて、定期的な管理をしていく必要があるのですね。

*移住サポートセンターでは空き家管理、片付け、リフォーム等を手掛ける業者さんの情報も収集・提供しています。


寿司忠演奏会 風がはこぶハーモニー 〜草原の歌をせせらぎのまちへ

2018年07月13日 投稿者:八田さと子

小川町移住サポートセンターの八田です。
みなさん、ホーメイという歌唱法をご存知ですか?
狩猟や遊牧を中心とする伝統的な暮らしを営むトゥバ共和国の人々が受け継ぐ歌唱法だそうです。
小川町にはその、ホーメイができるアーティストがいらっしゃる! そしてライブイベントも開かれるということです。
8月の夕涼にいかがでしょうか?

以下イベント情報「おがわさんぽ」より転載です。

イベント名:「第一回寿司忠演奏会 風がはこぶハーモニー 〜草原の歌をせせらぎのまちへ〜」

日時:2018年8月11日 16:30開場 17:30〜19:30上演

内容、主催者:

【開催概要】

小川町の老舗料亭寿司忠のステージ付き宴会場にて自慢の料理を楽しみながら、小川町出身・在住の民族音楽(ロシア連邦トゥバ共和国伝統歌唱法”ホーメイ”を中心とする種々音楽)アーティスト、澤田香緒里さんとその師であるカムヒビKINGさんによる演奏をお楽しみいただくイベントです。

【トゥバ共和国伝統歌唱法”ホーメイ”とは?】

トゥバ共和国はロシア連邦を構成する共和国の1つで、人口約30万人の小国です。モンゴルとロシアの国境沿いに位置し、人口の6割以上は私達と同じ黄色人種です。狩猟や遊牧を中心とする伝統的な暮らしを現代でも残し続けています。

トゥバ共和国に伝わる「ホーメイ」は草原で生まれた歌唱法です。喉で鳴っている音とは別に高い笛のような不思議な音が響きメロディーを奏でます。人間の声は楽器そのものだったと感じさせてくれる歌唱法です。

【実施概要】

日時:2018年8月11日 17時半~19時半(16時半開場・受付開始 ※お食事をはじめて頂けます)

募集期間:2018年7月1日~8月6日(定員に達し次第締切)

場所:小川町 料亭寿司忠

住所:埼玉県比企郡小川町大塚1300-1

出演アーティスト:澤田香緒里、カムヒビKING

会費:5000円(ワンドリンク、食事付、当日支払)

※中学生以下2500円

募集定員:100人

主催:寿司忠演奏会プロジェクト実行委員会

問合先(実行委員長 長倉正弥)

TEL.090-3430-2667

E-mail:nagakura2020@gmail.com

申し込み後のキャンセルについて:8月6日以降のキャンセルにつきましてはキャンセル料を頂戴する場合があります

以上です。


自然食品店リフレさんのリニューアルオープン

2018年07月13日 投稿者:八田さと子

小川町移住サポートセンターの八田です。今日は自然食品店リフレさんのリニューアルオープンの日!
移住サポートセンターで昨年度(冬)物件のご紹介、オーナーさんとのおつなぎをさせていただきました。
そして、この度、地元の業者さんに設計等をしていただき、築90年の町家が生まれ変わりました!

★類似の店舗物件の情報が現在移住サポートセンターに寄せられていますので関心のある方は、ご連絡下さい。

リフレさんにも是非行ってみましょう。
後日センターフェイスブックでもレポートしたいと思っています。

以下リフレさんからのお知らせです。

「自然食の店 リフレ」が場所を移転してリニューアルオープンします!
それを記念して、7月13〜14日の2日間は全品15%セールを開催。
さらに!有機農家だいこん屋農園さんの新じゃが詰め放題もやっちゃうそうです♬
場所は「晴雲酒造」の真ん前。銀色の概観の建物を目差していらしてください。
皆さまのお越しをおまちしております!!

http://ogawasanpo.com/event/リニューアルオープンセール@自然食の店リフレ/?instance_id=16


原付バイクのオリジナルナンバープレート

2018年06月19日 投稿者:八田さと子

小川町移住サポートセンターの八田です。
小川町が第70回小川町七夕まつりを記念して、原付バイクのオリジナルナンバープレートを作成しました。
原付バイクをお持ちの方はぜひ(^▽^)/
http://www.town.ogawa.saitama.jp/0000002704.html

版画フォーラム 2018

2018年06月15日 投稿者:八田さと子

小川町移住サポートセンターの八田です。
版画は何に刷るかご存知ですか?
そうです「和紙」に刷りますよね。
和紙の里を版画展で盛り上げる企画がお隣の東秩父村で始まります。名前は「版画フォーラム2018」
この版画フォーラムの前後で小川町内のギャラリー/レストランなどでも作品が紹介されています。
ぜひ足をお運びください。

<版画フォーラム>
6月16日〜23日 10時〜16時
会場 東秩父村和紙の里 東秩父村御堂441
入場無料

<小川町内で展示をする会場>
■ギャラリーレストラン エシカル
6月〜7月29日
http://www.ethical-ko.net

■晴雲酒造 ギャラリー 玉井屋
7月1日〜7月31日
https://www.facebook.com/events/1749205712038314/

■小川町図書館
版画フォーラム 2018 仙覚万葉ゆかりの里展
8月1日〜12日
http://www.lib.ogawa.saitama.jp


小川町移住サポートセンター

〒355-0328 埼玉県比企郡小川町大字大塚47番地3 2階 TEL. 0493-74-1515

COPYRIGHT 小川町移住サポートセンター All Rights Reserved.