小川町移住サポートセンター

ご相談予約はこちらお問い合わせはお気軽に TEL.0493-81-5331

最新情報 Information

カテゴリー:歴史・文化

小京都小川町着物で散策イベント~着物の似合う風景をゆったり歩きプロカメラマンによる写真撮影会も!~

2024年04月23日 投稿者:八田さと子

【イベント情報】

【小京都小川町着物で散策イベント~着物の似合う風景をゆったり歩きプロカメラマンによる写真撮影会も!~】

日時:4月27日(土)11:30~13:00(ランチ希望者は14:30を予定)
場所:小川宿鴻倫(@kourin_ethical )
料金:1500円(撮影費込み)

※ご希望の方は別途3000円にて着物レンタル・着付けをむすびめにて承っております。

お申込み:画像QRコードより
お問い合わせ:@kourin_ethical (0493-72-4455)

#埼玉県#小川町#田舎暮らし#観光案内所#移住#地域おこし協力隊#イベント情報#有機野菜#有機農業#小京都 #町歩き

 


【テナント向け物件内覧会】

2024年03月13日 投稿者:八田さと子

【テナント向け物件内覧会】
〜sports用品店を新たなspotへ〜

都心から1時間ほどでアクセスできる埼玉県小川町。
駅徒歩圏内のエリアには、1300年の歴史を誇る小川和紙をはじめとする産業で栄えた、当時の賑わいが伺える街並みが残ります。

駅からそんな街並みを楽しみながら歩くこと15分。創業1902年「晴雲酒造」の酒蔵と食事処、遠方からもファンが通うカレー店「curry&noble強い女」、古民家をリノベーションした一棟貸し宿泊施設「小川まちやどツキ」などが並ぶ一角にたどり着きます。

今回内覧させていただく物件は、そのエリアで存在感を放つ、元スポーツ用品店(「松本スポーツ」)。三階建という大きさと印象的なファサードで、写真のように川沿いを散歩していても目を引きます。

体育の授業や部活動で使用する用品も取り扱っていたことで、小川町とその周辺地域で育った方には馴染みのあるお店かと思います。店舗の三階では、卓球やバレエの練習が行われていたこともあるそう。

また、建物の最上階・屋上から眺める景色は絶景! オーナーの松本さんは、毎年7月の七夕まつりの夜には花火鑑賞のためにこの場所を近所の方に解放していたのだと教えてくださいました。

そんな松本さんから「この場所には、真面目な方に入ってもらいたい。」ということで、まずは建物やまちへの想いを聞かせていただく場として、内覧会を開催させていただきます。

入居を具体的に考えていない段階での参加もOK!

・小川町でいつかお店やアトリエを持ちたい!
・小川町の建物や歴史に興味がある!
・空き店舗未来会議のイベントに参加してみたい!

などなど、幅広くご参加いただけます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【テナント向け物件内覧会】
〜sports用品店を新たなspotへ〜

●日時
2024年3月16日(土) 13:00〜15:30

●集合場所
松本スポーツ前 小川町大塚175-1

●参加費
無料

●募集について
募集期間:〜3/15(金)

●お申込み
◎お申し込みはこちらのフォームからお願いします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc4LVm3EyxSqVxbzT9epMD3t84S6MyxhJVH4w0QSo72858q1w/viewform

※キャンセルされる場合は、3/15(金)までにキャンセルの旨をご連絡ください。

●タイムテーブル
13:00 周辺まちあるき
13:30 自己紹介
14:00 物件見学
14:30 オーナーとのトーク
15:00 物件に関する条件・質疑応答
15:15 感想共有
15:30 解散

※ まちあるきに参加しない方は、13:30松本スポーツ集合
※ 駐車場の台数に限りがあります。先着で上限に達した場合、使用できない場合がありますのでご了承ください
(追記)
※ スケジュールの中で、オーナーとのトーク、質疑応答の時間を、物件の活用について参加者も含めて話し合う時間に変更させていただきます。

●「松本スポーツ」の物件紹介
昭和57年12月築

●物件の様子
https://photos.app.goo.gl/Bi12u4Xg8NVxDJVw8

●「空き店舗未来会議」とは?
小川町停車場通り商店会の分科会活動です。商店会委員メンバーに加え、関心を持ってくれた地域おこし協力隊員も参加。埼玉県、小川町役場、小川町商工会、物件周辺地域の皆さんも会議に参加する商店会を超えた活動です。これまで空き店舗の調査、物件オーナーさんや地域の方へのヒアリングから始め、物件活用に向けたワークショップを実施してきました。分科会のメンバーの専門分野や職種は、宿泊、不動産、建築、まちづくりなど多様です。

●問い合わせ先
小川町移住サポートセンター
0493-81-5331 またはinfo@ogawa-iju.jp

●主催者
小川町停車場通り商店会

 

 


【素敵なパンフレットができました!】

2024年03月12日 投稿者:八田さと子

【素敵なパンフレットができました!】

こんにちは、移住サポートセンターの二之宮です。

今日は町役場からできたばかりの素敵なパンフレットが届きました。

小川町の有機農業のこれまでとこれからを学べる「OGAWA」と就農への手引きが書かれた「有機の里、小川町で農家になろう。」の2部です。

OGAWAでは、小川町の有機農業の歴史や農家さんたちへのインタビューが載っており、こだわりや想いがしっかりと書かれていました。

こちらの2つの冊子、観光案内所で閲覧可能ですので、ご興味のある方は是非読みに来てください!

 

 

#埼玉県#小川町#田舎暮らし#観光案内所#移住#地域おこし協力隊#有機野菜#有機農業#サスティナブル #sdgs #ogawa


【第6回下里さくら祭り】

2024年03月12日 投稿者:八田さと子

【イベント情報】

【第6回下里さくら祭り】

なつかしさ感じる旧下里分校でのんびりお花見をしませんか

普段見られない木造校舎の一般開放や、小川町周辺の飲食店・ハンドメイド作品の出店もあります

日時:3月31日(日)10:00~15:00
会場:小川小学校 旧下里分校

 

 

 

 

#埼玉県#小川町#田舎暮らし#観光案内所#移住#地域おこし協力隊#イベント情報#有機野菜#有機農業#サスティナブル #sdgs #桜 #桜祭り #花見


【第20回 無農薬で米作りから酒造りを楽しむ会】

2024年03月12日 投稿者:八田さと子

【イベント情報】

【第20回 無農薬で米作りから酒造りを楽しむ会】

全7回に亘り田植えから始めたお米をお酒にまですることを楽しむこちらの会、今年もお申し込み受付が始まっております。

ご興味のある方はFBから詳細をご覧ください。

https://www.facebook.com/komesake.ogawamachi?__cft__[0]=AZVsRwOGXDgj4O0IQIb0pfm9LuxmXnnMqCWd_e43k66EJAnDntVt_U0eWnQZJv-CBAqXO51-c98xk8hKEzKTvTxSywEpBbOVyPJzKgCN3szYVgZnDLXdxP1ZjhWc2AFpSjp9EjS2rLDBtLcTWrLHz0FGlQtaqpgnGmKPiZra3XDm9Z-YQxG59KmfSSElGBW7U_Q&__tn__=-]K-R

#埼玉県#小川町#田舎暮らし#米作り #酒造り #晴雲酒造 #観光案内所#移住#地域おこし協力隊#イベント情報#有機野菜#有機農業#サスティナブル #sdgs


【小川町で働きたい人のための就職フェア】

2024年01月16日 投稿者:八田さと子

【小川町で働きたい人のための就職フェア】

入退場自由!自由な服装でOK!履歴書不要!事前申し込み不要!

30もの地元企業が求人情報と共に出展予定です。

「小川町に移住したいけれど、就職が不安…」そんな方は是非ご参加ください。

日時:1月21日13:00~15:30(受付終了15:00)
場所:リリック小川
入場料:無料
主催:小川町商工会/後援:小川町・ハローワーク東松山
HP:https://entori.jp/ogawa-syokoukai202401

#埼玉県#小川町#田舎暮らし#就職 #就職活動 #就職フェア #地元 #観光案内所#移住#地域おこし協力隊#イベント情報#有機野菜#有機農業#地産地消

 


【石蔵ア・カペラコンサートinコワーキングロビーNESTo】

2024年01月12日 投稿者:八田さと子

【イベント情報】

【石蔵ア・カペラコンサートinコワーキングロビーNESTo】

16世紀後半から17世紀初頭、イタリアをはじめヨーロッパの宮殿では、どこも競って「マドリガーレ」という、男女数人で歌う音楽が演奏されていました。

ア・カペラの曲だけれど、歌われるのは、愛の喜びや恋の苦しみ。キリスト教の宗教曲ではなく、いわゆる世俗曲です。

今回演奏する曲の舞台は、1600年前後、日本では関ヶ原の戦いが起き、江戸幕府ができ、徳川氏が将軍となる時代。
南イタリアのじぇずあるどという町の旧帝でも、やはりマドリガーレは演奏されていました。
ですが他の街とちょっと違うのは、この町ではほかならぬ城主がだれよりも熱心にマドリガーレを作曲していたのです。
それも、聴けば誰もが驚くような「奇妙な」響きの、マドリガーレを。

日時:1月18日(木)19:15開場
会場:コワーキングロビーNESTo
料金:2000円(学生券1000円)
ご予約:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfXMLJAl6MLFcpAt2yflUIbbeN-ZQ4sFNXLOsV5FDAQ1kkJOw/viewform

#埼玉県#小川町#イベント情報#アカペラ #コンサート#マドリガーレ #石蔵 #田舎暮らし#観光案内所#移住#地域おこし協力隊#有機野菜#有機農業#地産地消

 


【テナント向け物件内覧会〜昭和のメンズファッション拠点を未来に〜】

2024年01月12日 投稿者:八田さと子

【イベント情報】

【テナント向け物件内覧会〜昭和のメンズファッション拠点を未来に〜】

こんにちは、小川町移住サポートセンターの二之宮です。

10月中頃インスタグラムやメールマガジンでお知らせした、「空き店舗未来会議」を覚えておいででしょうか??

***************************************

私たちは今年度小川町停車場通り商店会が主催する空き店舗の活用・物件化
などに関する活動「空き店舗未来議」に参加しています。

小川町駅周辺のエリアは近年新規出店が増えています。

今年度は特に出店等の希望がセンターに多く寄せられていますが、物件が需要に対して多くはないのも現状です。

一見すると貸し店舗になるのでは?という元店舗物件も、荷物を片付ける必要がある等ハードルが高いことや、店舗併用住宅のため他の人には貸せないなど、さまざまな事情があることがわかってきました。この活動では、店舗や周辺地域の歴史や行事、お店でのエピソード、ご先祖への想い等、物件オーナーさんや周辺の方々の想いを大切にしています。

一軒でも開かれる店舗が増えて、駅前のエリアが暮らす人にとっても観光客にとっても、楽しい場所になっていったら良いなと思っています。

今後、年始頃に私たちの活動で物件化された店舗を含む空き店舗の見学会も実施予定です。

出店希望の方は是非おいでください。
***************************************

今回、「空き店舗未来会議」で発掘した店舗の内覧会を2024年1月31日に行います。

小川町でお店を開きたいと考えておられる方、是非ご参加ください。

申し込みフォームはテナント向け物件内覧会「昭和のメンズファッション拠点を未来に」 (google.com)
になります。

 

#埼玉県#小川町#田舎暮らし#観光案内所#移住#地域おこし協力隊#イベント情報#有機野菜#空き店舗 #空き店舗活用 #商店街 #町おこし


【イベント情報】【第12回歳末福引元気市】

2023年12月12日 投稿者:八田さと子

【イベント情報】

【第12回歳末福引元気市】

特賞2万円分相当!

総額26万円分の豪華景品を大放出!

200円ごとに1つもらえるスタンプを10個貯めることで1回福引が回せます。

日時:12月1日(金)~12月17日(日)

抽選日時:12月17日(日)10時~15時

場所:小川町駅前 観光案内所むすびめ

昨日から始まっています!
この機会にお買い物&スタンプをためて、是非抽選会に参加してください!🥰

#埼玉県#小川町#田舎暮らし#観光案内所#移住#地域おこし協力隊#イベント情報#有機野菜#有機農業#地産地消#福引 #歳末 #商店街

 


■おがわ学フォーラム生徒発表報告(佐藤)

2023年12月12日 投稿者:八田さと子

■おがわ学フォーラム生徒発表報告(佐藤)

11月25日、NESTOで行われたおがわ学フォーラムに行ってました。

(10時から11時)

町長、県議会議員、町議会議員数名の出席も含め、高校の先生方や一部ご家族の出席などで、会場は満席でした。 町長と小久保県議会議員あいさつに続いて生徒による4つの発表がありました。 どの班も、小川町の抱える人口減少や活気の低下などの課題に対する提案をしていました。 グローカルイングリッシュA班(英語科授業内でおがわ学を扱っている)は、「小川町のローカルコモンズ」と題して町内の空き家、空き店舗を未活用のローカルコモンズと捉え、生徒が運営する子供食堂などとしての活用を提案しました。発表は英語で行われました。原稿もほとんど見ずに、流ちょうに発表していて驚きました。最後に先生から日本語で要約するように依頼されて簡単に日本語にしてくれました。

グローカルイングリッシュB班は、「世界に伝える町の魅力」というタイトルで発表しました。町の方々に「経歴」「小川町の課題」「今後の展望」をインタビューし、その結果を人ごとにまとめていました。むすびめの小田穂さん、小川まちやどの高橋かのさんなどがインタビューに答えていました。

次のグループは吹奏楽の仲間で、「町に届ける演奏会」という発表でした。町の子供たちに演奏などのパフォーマンスの楽しさを」しってもらいたいというもので、おがわっこ保育園で園児たちに演奏を聞かせたり、一緒にダンスをしたりするというもの。上の2つとは視点が違って、こちらも楽しそうな企画でした。

最後は、NESTOでこの後開かれた「町の魅力を伝える高校生カフェ」のでした。小川町が有機農業の盛んな場所であるのに、そのことが広く知られていないという点に課題を感じて始めたとのこと。霜里農場を訪問したりして現状を学び、多くの人に気軽に有機農産物に触れてもらうための方法として高校生カフェをすることになったそうです。商店街の飲食店などに協力してもらい、軽食と飲み物、お菓子を準備して、安価で販売していました。私は開店前の11時で抜けてしまいました。

若い世代が町の課題に対応していこうとするポジティブな姿から、参加した大人たちが刺激を受けたのではないかと思います。大人がんばろう!

 

【写真は別のスタッフ高校生カフェに行った時の様子です】


カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

* RSS FEED

ご相談予約はこちら

小川町移住サポートセンター

〒355-0328 埼玉県比企郡小川町大字大塚1176番地5 TEL. 0493-81-5331

COPYRIGHT 小川町移住サポートセンター All Rights Reserved.