小川町移住サポートセンター

お問い合わせはお気軽に TEL.0493-81-5331

最新情報 Information

カテゴリー:ニュース

小川町のプチギフト マルシェ・おがわまちで販売開始!

2022年11月24日 投稿者:八田さと子

八田です。
今週末はマルシェ・おがわまち!
むすびめは、この日のために女子栄養大学、三代目清水屋さん、太田ホルモンさん、有機農家さんの協力をいただき、小川町のプチギフト(ちょっとした手土産になるもの)を開発しました。
この取り組みについてプレスリリースをしましたのでお知らせします!
マルシェ・小川町のページもご覧   ください↓
また、今回Ogawa’s Cookies&Tea Setはおがわんネイチャー(化学的に合成された肥料及び農薬を使用せず、小川町の資源を活用し、環境に配慮した自然循環型の有機農業に取組む農家の認証)の農家さんの生産物を主に使用しています。
小川町有機農業推進協議会は有機農家さんの生産物を活用した加工食品の認証制度を検討しており、今回試行的な取組として、「オガワンセレクション」という認証の枠組みを設置し、消費者の皆さんに農家さんと連携した取り組みであることを分かりやすく伝えるため、「オガワンセレクション」のロゴマークと説明ツールを付属させ販売します。
当日、学生が元気に販売しますのでぜひお立ち寄りください。

「小川町満喫特別きっぷ」でむすびめの自転車がお得に使えます

2022年11月03日 投稿者:八田さと子

小川町も少しずつ紅葉が色づいてきていますね🍁
そんな小川町をさらに感じていただける特別きっぷ「小川町満喫特別きっぷ」が東武鉄道さんから発売されました!
小川町駅〜池袋駅間をお得に移動ができる切符と、
更に小川町内のレンタサイクル・レンタカー・タクシーが1度割引になるクーポンがセットの優れものです!!
クーポンをお使いいただければ、「むすびめ」ではシティサイクルが無料で使えますので、ご興味ある方は是非ご利用ください!
購入可能場所等の詳細は以下よりご確認いただけます!

新聞記事 SDG’sの理念を体現する自治体 小川町

2022年07月12日 投稿者:八田さと子

むすびめ の八田です。
日経新聞さんが「」として有機農業を軸に幅広く小川町を取材し記事にしてくださいました。
12日付の朝刊地域版(東京面、埼玉面なと全国の地域面)にも掲載されています。

【放送延期】4/12(火)12:20 NHK総合 『いいいじゅー』@小川町

2022年04月05日 投稿者:八田さと子

以下の番組の放送は延期となりました。
******************
小川町移住サポートセンターの八田です。
テレビ放映のお知らせです。
新しいライフスタイルや生き方を求め地方移住をした方々に密着するドキュメント番組「いいいじゅー!!」。過去に特番として放送され、2022年4月よりレギュラー放送となるこの番組。特番第1回が小川町だったのですが、レギュラー(毎週放送)となる第1回も「小川町」の内容で放送されます。
ぜひご覧ください。
4/12(火)12:20 NHK総合
『いいいじゅー‼』公式サイト
住むなら埼玉移住サポートセンターも「いいいじゅー!!」小川町版をPRしてくださっています!

小川町移住の強力な助っ人 YouTuberがあらわれました!

2021年09月25日 投稿者:八田さと子

むすびめ の八田です。
小川町移住の強力な助っ人があらわれました!
「まじかよ!小川町」というYouTubeチャンネルで小川町の空き家を紹介してくださっています。
このチャンネルの製作者は稲村ジョージさん。前冬 移住された台湾でも人気のあるミュージシャンです。
稲村さんが小川町に移住したきっかけについても動画がありますのでぜひご覧ください。
「マジかよ小川町〜!」
「小川町の人口を増やすためのクラウドファンディング」も実施中です。

NHKの「あさイチ」に取り上げていただきました

2021年07月14日 投稿者:八田さと子

むすびめの八田です。
本日、NHKの「あさイチ」で小川町の移住について取り上げていただきました。
左上の「郊外移住」と言うテーマで紹介されました。
事実、東京にも通える、ベーシックなリモートワーク環境も整っている(コワーキングスペースあり、インターネットは光回線が引けるなど)、子育ても伸び伸びできる
と言うところで30-40代の移住が増えています。20年度の移住者の平均年齢は39才。5年前から10才若くなりました!
今年度もwithコロナ 時代を意識しつつ、小川暮らしを実感できる企画を検討していますので、移住をご希望の方は、センターにお気軽にコンタクトしてくださいね

小川町移住サポートセンター@むすびめ 

2021年04月03日 投稿者:八田さと子

2021年4月3日より、小川町観光案内所と小川町移住サポートセンターは小川町駅前の施設「むすびめ」に移転し、一体的な運営がスタートしました。フェイスブックも名前を変更し、これまで以上に幅広く小川町及び、小川町生活圏の地域情報を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。ということでこれからは、冒頭の言葉を「むすびめの〇〇(八田)です。」でスタートします。
オープニングセレモニーには小川町 町長、来賓の皆さんにお集まりいただきお祝いの言葉をいただきました。みなさんのお言葉から、本当に多くの方がむすびめのスタートに向けて力を注いてくださったこと、そして期待を寄せていただいていることを実感しました。むすびめは20代から70代まで幅広い経験とスキルを持ったメンバーが揃っています。このメンバーで力を合わせ、期待に応え+さらに、期待を超える成果を出していければと思います。どうぞよろしくお願いいたします!
↓初日のメンバー
ちなみに「女将の日」を第1土曜日にとして、和服で応対させていただきます。

移転のお知らせ

2021年03月22日 投稿者:八田さと子

<移転のお知らせ>
小川町移住サポートセンターは2021年4月3日より小川町駅前の新施設(旧二葉支店)に移転します。引越し作業等により3/30~4/2は電話やメールでの相談対応をさせていただきます。物件の現地案内ができませんのであらかじめご了承ください。


日経新聞 夕刊に小川町の移住促進の取り組みが紹介されました

2021年02月10日 投稿者:八田さと子

小川町移住サポートセンターの八田です。
2/9 日経新聞 夕刊に小川町の移住促進の取り組みが紹介されました。
TJライナーの座席指定券補助のチラシが紙面を飾っています。
記事の中のふるさと回帰支援センター副事務局長のコメントとして
「移住してもらうことだけが目的ではうまくいかない。自治体はどのようなコミュニティを作りたいかを明確にすることが必要」とし「移住者が最も悩むのが人間関係。魅力ばかりアピールするのではなく、不文律のルールなど地域の実態をわかりやすく伝える事も大切だ」と話している。
とあり、賛同するところです。
小川町移住サポートセンターは、地域ごとに行事や隣組のお付き合いの内容などを区長ヒアリングである程度把握しています。それらの情報をもとに、移住先を決める前に事前情報として、行事やお付き合い、地域でのお作法的なことはお伝えするようにしています。気軽にお尋ねくださいね。
*全文をご覧いただく場合、会員登録が必要になります。

毎日新聞でKIWI architectsが紹介されました

2021年01月14日 投稿者:八田さと子

小川町移住サポートセンターの八田です。
毎日新聞でKIWI architectsの3人が紹介されました。
KIWI architectsさんはセンターの発信媒体に何度も登場いただいているので、ご存知の方も多いと思いますが、
3人は国立横浜大学の大学院で建築を専攻している学生さんです。現在は、小川町に拠点を持ち、地元の方にお世話になり、自身の住居兼アトリエを整備したり旧比企銀行のリノベに取り組んでいます。
本文(途中から有料版へ)はこちらからご覧ください↓
最後の方に、移住サポートセンターのコメントも載っています😄

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

* RSS FEED

小川町移住サポートセンター

〒355-0328 埼玉県比企郡小川町大字大塚1176番地5 TEL. 0493-81-5331

COPYRIGHT 小川町移住サポートセンター All Rights Reserved.