小川町移住サポートセンター

お問い合わせはお気軽に TEL.0493-74-1515

最新情報 Information

カテゴリー:ニュース

移住セミナー 川越&比企エリアで見つける! あなたらしい暮らし

2018年09月11日 投稿者:八田さと子

小川町移住サポートセンターの八田です。

東京・有楽町で
埼玉県主催で「移住セミナー 川越&比企エリアで見つける! あなたらしい暮らし」
が開催されます。
私も、当日小川町役場の職員の方とともに小川町について紹介し、移住のご相談をお受けします。
お気軽にお出でください!

*****

移住セミナー 川越&比企エリアで見つける! あなたらしい暮らし

日にち 9月22日(土)13:00~15:30

場所 ふるさと回帰支援センター(東京交通会館8F)

入場無料

小川町を含め川越比企エリアの自治体が地域をPRします。

個別相談会もありますのでお気軽にご参加ください。

詳細はこちらをご覧ください↓

https://www.facebook.com/events/221016581905915/


移住ビギナーズセミナー

2018年06月22日 投稿者:八田さと子

小川町移住サポートセンターの八田です。農ある暮らし in 埼玉 移住ビギナーズセミナーが開催されます。
登壇者としては唯一のIターン者(他のお二方はUターン)として八田もおしゃべりさせていただきます。
東京周辺の皆様で埼玉に移住をご検討の方は、遊びに来てくださいね。

7月6日(金)19:00〜20:45
ふるさと回帰支援センター(東京交通会館8F)有楽町駅徒歩1分

先日、埼玉県の職員の皆さんにお世話になり、このセミナーの打ち合わせをしてきました。お二人とも地域や家族の魅力、培ってきたものを大切にして、お仕事を想像されている素敵な方でした。当日が楽しみです。
ちなみに、打ち合わせは登壇者の八木さん(松伏町)のカフェ はちぼくで。八木ご夫妻ののセンスと料理技術、手作りの素材が花開いている素敵なカフェでした (^^)
https://www.facebook.com/hatiboku/

IMG_0930 IMG_0931


小川そだち×小川ぐらしがWEBでもご覧いただけます

2018年05月16日 投稿者:八田さと子

小川町移住サポートセンターの八田です。

小川そだち×小川ぐらしがWEBでもご覧いただけます。

(以前の記事の繰り返しになりますが)この冊子では、小川の家をふるさととして育った人(物件オーナー)と、その家を未来のふるさとにしていく(移住者)7組の家族たちの姿を取材しています。
「移住」というとほとんどの場合、移り住んだ人に焦点が当てられますが、私たちは受け入れる側、つまり、この土地で育った人の想いも大切にしたかったのです。「住んでいる人」と「住みたい人」が顔を合わせ、理解しあい、信頼で結ばれていくことが、私たちの目指す幸せな移住の形であり、これからの町づくりにとって大切だと考えています。
そんなコンセプトで作った冊子「小川そだち×小川ぐらし」をお手軽にwebでご覧ください。

http://ogawa-iju.jp/pdf/ogawa-sodachi_ogawa-gurashi.pdf


手前味噌ですが、当センターのフリーペーパーが話題です

2018年05月02日 投稿者:八田さと子

フリーペーパーが完成しました!

この冊子では、小川の家をふるさととして育った人(物件オーナー)と、その家を未来のふるさとにしていく(移住者)7組の家族たちの姿を取材しています。
「移住」というとほとんどの場合、移り住んだ人に焦点が当てられますが、私たちは受け入れる側、つまり、この土地で育った人の想いも大切にしたかったのです。「住んでいる人」と「住みたい人」が顔を合わせ、理解しあい、信頼で結ばれていくことが、私たちの目指す幸せな移住の形であり、これからの町づくりにとって大切だと考えています。
そんなコンセプトで作った冊子「小川そだち×小川ぐらし」、ぜひ手にとってみてください!
ご感想もお待ちしています。

手前味噌ですが、このフリーペーパーは町内、小川町周辺のPR上手なお店、小川町出身者など様々な方から「欲しい!」という声をいただいております。メディアからの取材もちらほら・・・

小川町では移住サポートセンター、分校カフェ MOZARTで

東京ではふるさと回帰支援センターで配布しています。

ぜひ手に取ってみてください。

<冊子のPDFファイルをダウンロードできます>

http://ogawa-iju.jp/pdf/ogawa-sodachi_ogawa-gurashi.pdf

移住促進冊子


小川町 ”住”の魅力体験ツアー

2018年04月18日 投稿者:八田さと子

【お知らせ】

このイベントはおかげさまで応募が定員に達しました。
広報のご協力、ありがとうございました。また、ご参加くださるみなさん、小川町でお会いできることを楽しみにしています!

___________________________________________________

移住サポートセンターの八田です。
「小川町 ”住”の魅力体験ツアー」のご案内です。
七夕まつりの観光もできちゃう移住体験ツアー!
和紙や有機農業、有機野菜といった小川町ならではの魅力に触れて、いただく、お得感たっぷりの企画です。もちろん、移住経験者との交流機会もあります。

夏休みの計画をご検討中の皆さん、ぜひ、小川町に遊びに来てみませんか?

■日にち 平成30年7月28日(土曜日)から7月29日(日曜日)の1泊2日(雨天決行)

■参加対象
次の(1)、(2)の要件を両方満たす方を対象とします。

1)町外在住者のうち、田舎での暮しに興味を持つ比較的若い方(概ね50歳位まで)で2名以上の申込が可能な方。

2)1万円以上/人のふるさと納税をされた方、または、参加費として高校生以上5,000円/人、
中学生以下3,000円/人を納めた方。ただし、未就学児のお子さんで食事を必要としない場合は無料とします。
ふるさと納税(1万円以上)をすると無料で参加できます。

■スケジュール(予定)
1日目【7月28日(土曜日)】
午前 9時30分   小川町駅集合、オリエンテーション
午前10時00分~ 埼玉伝統工芸会館にて和紙漉き体験、物産館・道の駅販売所見学
午後 0時30分~ 分校カフェMozart(旧下里分校)にて昼食・休憩、旧下里分校・霜里農場見学
午後 3時00分~ 埼玉県立小川げんきプラザにて休憩・宿泊準備、プラネタリウム鑑賞等
午後 6時30分~ 埼玉伝統工芸会館にて花火観賞、夕食
午後 9時00分   埼玉県立小川げんきプラザ宿泊

2日目【7月29日(日曜日)】
午前 7時30分~ 埼玉県立小川げんきプラザにて朝食、出発
午前 9時00分~ 「やしきぼっこ」にて田舎暮らしを実践する方との交流・意見交換会、小川町移住施策の紹介等
午前11時00分~ 第70回小川町七夕まつり散策、各自昼食
午後 1時00分   解散

■主催/小川町  主管/小川町住の魅力PR実行委員会
■協力/小川町移住サポートセンター、埼玉県立小川げんきプラザ ほか

その他詳細はこちらのページをご確認ください。
http://www.town.ogawa.saitama.jp/0000002532.html

住まいツアー_入稿データ_確認用


「さいたま手帳 農ある暮らしの関わり方」に掲載していただきました

2018年04月10日 投稿者:八田さと子

小川町移住サポートセンターの八田です。
埼玉県が作成した冊子が届きました。

冊子では移住サポートセンターや移住サポートセンターのサテライトオフィスができた霜里分校も紹介されています。
(企画編集スタッフさん>選んでくださってありがとうございます!)
小川町以外にも埼玉県西部の人々が比較的多く紹介されています。
熊谷、ときがわ、秩父、飯能、神川・・・
埼玉県西部は人口流出の多い地域でもありますが、逆に農ある暮らしを実現しやすい+そのきっかけをくださる方も多い魅力ある地域なのだと思います(^^)

「さいたま手帳 農ある暮らしの関わり方」は小川町移住サポートセンター、住むなら埼玉移住サポートセンター(東京有楽町 ふるさと回帰支援センター内)などで配布していますので、ぜひ手に取ってみてください。

#農ある暮らし 移住 小川町

IMG-1914IMG-1913


物件見学会&夜のHolidayのお知らせ

2018年02月02日 投稿者:八田さと子

小川町移住サポートセンターの八田です。

【物件見学会&夜のHolidayのお知らせ】
空き店舗、移住者のお宅訪問、移住者の店舗訪問を実施します。
小川町でお店を持ちたいかた、お住まいになりたい方はぜひご参加ください。
後半の夜のHolidayは小川町のグルメを楽しむ企画です。移住希望者と地元の人(移住サポートセンターのスタッフや移住を実現された方)との交流を目的に、美味しい夜の小川町を巡ります。
お子様連れも歓迎です。(寒さ対策はバッチリしましょう!)

持ち物 デジカメ(スマフォ、タブレットなどデジタル写真が撮れるものならなんでも可)、筆記用具、暖かい服装

参加費 1000円(夜のHoliday参加者のみ。タクシー代などに使用します)

集合 小川町図書館2F 中会議室(小川町大塚99-1)

主催 小川町移住サポートセンター

<スケジュール>
2月24日(土)
14:00 オリエンテーション
15:00 空き家、空き店舗、移住者のお店・お宅などを巡ります。
17:30 夜のHoliday グループに分かれ、小川町のグルメスポット、名物店などを巡ります。
21:00 ころ解散(個人の都合で早めにお帰りになってもOKです)

*物件見学のみ、夜のホリデーのみ、または全日程参加度のパターンでもご参加可能です 。

*前回の夜のHolidayの様子 https://haveagood.holiday/plans/78073

申し込み・問い合わせ 小川町移住サポートセンターへ
電話:0493-74-1515(観光案内所「楽市おがわ」と共通)
Eメール:info@ogawa-iju.jp


広報おがわ2月号 移住サポート通信

2018年02月02日 投稿者:八田さと子

小川町移住サポートセンターの八田です。
毎月広報小川に掲載している「移住サポートセンター通信」
2月号はこんな記事を掲載しました。
 
「つなぎ役」
小川町移住サポートセンターの事業は地方創生の「小川町まち・ひと・しごと創生総合戦略」に基づき2016年に始まり、2期目を終えようとしています。町内の皆さんのご協力で約30件の移住や空き家活用が実現しました。ご協力ありがとうございました。
 地方創生の旗振り役・総務省の方がインタビューでこんなコメントをしていました。「小さな市町村に足りないのは、お金ではなく人材。地域の中と外を繋ぐことのできる人材なのです。」
 移住希望者のために空き家を提供してくださった物件オーナーのみなさんはまさに地域を知り、町中と町外(移住者)の「つなぎ役」。一方で移住者も移住後、ご商売を始めたり、人が集まる場を作って「つなぎ役」になっていただいています。
 今後さらに、小川町に「つなぎ役」を増やすために物件の情報をお待ちしています。
こんな店ができそうな物件ありませんか?:パン屋、古着屋、カフェ、飲食店兼観光客用の更衣室、ギャラリー・カフェ、ゲストハウスetc
移住希望者はこんな事業を小川町でしたいと思っています。情報のご提供とご協力をお願いいたします。
 
誌面のPDFが小川町HP に掲載されています。
http://www.town.ogawa.saitama.jp/cmsfiles/contents/0000002/2488/ogawa7956_7.pdf

産経新聞に小川町移住サポートセンターが!

2017年12月20日 投稿者:八田さと子

小川町移住サポートセンターの八田です。

産経新聞の「移住のミカタ」という記事に掲載していただきました。

ご依頼をいただき、町とセンターのPRになれば、と思い記事を書かせていただきました。
http://www.sankei.com/life/news/171218/lif1712180002-n1.htm


七夕まつりで まち歩きHolidayを実施しました。

2017年07月27日 投稿者:八田さと子

移住サポートセンターの八田です。

7/22 センター主催でまち歩きイベント「Holiday」@小川七夕祭りを実施しました。東京からのご参加を多数いただき、3つのグループが七夕まつりに繰り出しました。
移住希望の方には、物件の話、暮らしの話を移住経験者から道々お話しいただきました。
「大人の七夕」チーム?は地ビール、地酒をたっぷり楽しんでいましたね~
一方、子どもとお出かけ!となったチームが見つけたのは和菓子の大野さんの「七夕饅頭」
「えー こんなお饅頭があったなんて!」
と新鮮な気持ちで移住メンバーは購入していました。

七夕饅頭はピンク、黄色、白の色! 来年も七夕まつりで新たな町の魅力発見!と行きたいと思います。


カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

* RSS FEED

小川町移住サポートセンター

〒355-0328 埼玉県比企郡小川町大字大塚47番地3 2階 TEL. 0493-74-1515

COPYRIGHT 小川町移住サポートセンター All Rights Reserved.