小川町移住サポートセンター

お問い合わせはお気軽に TEL.0493-74-1515

最新情報 Information

カテゴリー:おがわ人・ライフスタイル

移住サポート通信 48回

2020年07月02日 投稿者:八田さと子

小川町移住サポートセンターの八田です。

広報おがわ7月号の移住サポート通信を掲載します。

【移住サポート通信 48回】
県内でも木材産業が盛んな小川町。その素材や環境を活かすのにもってこいの木工技 術を持った移住者Hさん。Hさんの移住のきっかけや小川町でチャレンジしてみたいこ とについて伺いました。

以前の住まい 東京都

小川町への移住を考えたきっかけは?
以前から自分の思い描いた家具製作ができる場所を求め、各地をまわって調 べていました。小川町の飲食店(つよいグループ)の方の紹介で、小川町やと きがわ町の風情、木工文化などに触れ、さらに一緒に物件を見たところ、僕の 移住と脱サラの気持ちは固まりました。

移住先(住宅)を決めた決定打は?
何と言っても家賃の安さと家の広さです。工房兼自宅に改装OKな物件に巡 り合い、現在、絶賛改装中です。また、大家さんの人間性に惚れた事も大きな 要因です。大家さんが町内の材木店を紹介してくれたり、近所の方との関係づ くりにも協力してくださいました。

これから小川町でチャレンジしてみたいことは?
既成に捉われない家具を作りたいです。学生や新社会人の一人暮らし用に安い既製品が出回っていますが、 私はちょっとオシャレな家具にしたいとか、大金は出せなくても人と違う部屋にしたいという方向けの家具を 作りたいと思っています。主にネット販売からスタートしますが、徐々に地の利を活かした様々なイベントへ の出店も目ざしていきます。

移住者Hさんの写真も掲載↓
https://www.town.ogawa.saitama.jp/…/0…/3810/ogawa824w6-7.pdf


小川町通勤者座席指定券購入費補助事業

2020年07月01日 投稿者:八田さと子

小川町移住サポートセンターの八田です。
年度はじめにご紹介した、小川町の新!移住促進事業です。
池袋から先(いわゆる東京)に出かけると「帰りは TJで!」と甘えたくなる私なので、この支援は羨ましい限り!
移住して、ぜひご利用ください(通勤の方に限られます)

【小川町通勤者座席指定券購入費補助事業】
小川町に転入する方を対象に、通勤に係る下りTJライナー座席指定券購入費用の一部を3年間補助します!

~始発駅から座って通勤でき、TJライナーで座って帰れる安心感~
始発駅小川町に移住してみませんか。

詳しくはこちらをご覧ください
https://www.town.ogawa.saitama.jp/0000003756.html


これな〜んだ?

2020年06月30日 投稿者:八田さと子

小川町移住サポートセンターの八田です。
これな〜んだ?

正解はルバーブです。
軸の皮を剥いてジャムにします。シロップ漬けもありのようです。
私はステラおばさんのお菓子の本で初めてルバーブという植物&ジャムがあることを知りました。(あれは高校生の時?!)
日本名はショクヨウダイオウ。

本日、空き家の活用を検討してくださっているお宅にお邪魔した際、お庭で育てているものをいただきました。
早速ジャムを作り、家主さんにお届けしょうと思います。


小川町にまつわる民話@WEB

2020年06月19日 投稿者:八田さと子

小川町移住サポートセンターの八田です。
昨日、小川町の移住・定住 最前線を語る会2020のオンライントークセッションの収録をしました。その中であるゲスト(本の専門家とも言える職業の方)から小川町図書館が立派かつ、素晴らしいこと、それもあって移住を決めた的なお話をいただきました。
そうだよね、小川町図書館っていいよね。予約をすれば今週からも図書館の本を借りられるんだった。と思い、図書館のサイトを覗いてみました。(予約もしました)
そこで、偶然見つけたのが「おがわまちの民話と伝説」というページです。小川町にまつわる民話がたくさんあるんです!知らなかった〜
本文にはルビがふってあるのでひらがなが読めるお子様も楽しめます。

http://www.lib.ogawa.saitama.jp/…/fd1b8a5df445a571894e784b8…

早速、子どもに紹介し、読み聞かせアイテムに加えたいと思います。


􏰙􏰂􏰁􏰀􏰁 􏰚􏰙􏰘􏰘􏰗􏰖􏰘􏰕􏰔􏰖 􏰙􏰂􏰁􏰀􏰁 􏰚􏰙􏰘􏰘􏰗􏰖􏰘OGAWA 6S COMMITMENT フォーラム 開催@オンライン

2020年06月11日 投稿者:八田さと子

小川町移住サポートセンターの八田です。
SDG’sって聞いたことありますか?
SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。

小川町は市民レベルで持続可能な開発につながる取り組みを何十年も昔から取り組んでいるところがあります。その基礎体力があるからこそが、今回の企画をきっかけに町の価値を見直し、活性化につなげる起爆剤になるものと思います。

今回はSDG’sをフラッグとして町の多様なプレーヤーが集まるきっかけづくりとしてオンラインセミナー&パネルディスカッションが開催されます。
パネリストには地元の方も登場します。
Think Globally Act Locally「地球規模で考え、足元から行動せよ」ということですね。(ちょっと懐かしい件。でも本質だと思います)


オーガニックカモミール 満開です!

2020年05月26日 投稿者:八田さと子

小川町移住サポートセンターの八田です。
今年もサンファーム高橋さんでカモミール摘みをさせてもらいました。
満開のタイミングであったこともあり、辺りにカモミールの甘い香りが広がっていました。半端なくリラックスできる空間・・
http://sunfarmtakahashi.com

昨年収穫したカモミールでハーブティ(ドライ)も完成。
販売されています。
https://www.picuki.com/media/2188138237908783856

オーガニックカモミールティに関する問い合わせは上記
サンファーム高橋さんかオクムサマルシェ(カフェ)さんにお願いします。


テイクアウトで地元の飲食店を応援しよう!

2020年05月14日 投稿者:八田さと子

小川町移住サポートセンターの八田です。
駅周辺の飲食店でのテイクアウトレポートです。
テイクアウトで美味しいお店を見つけたら、通常営業再開時に、お店の雰囲気も含めて味わいに行ってはいかがでしょうか?

私がいただいたテイクアウトメニュー
■強い女 オムカレーをいただきました。ボリュームがありました!通常のチキンカレーなどもありますが、ジャパニーズカレーバージョンも開発されていて、ご高齢の方にも親しんでいただけるよう工夫されていました。
https://www.facebook.com/spicecurry.tsuyoionna/

■くろまさ総本店
彩の良い丼ものを日替わりで販売しています。1つ500円とボリュームの割にお買い得!さらに店員さんの笑顔も忙しい夜営業とは違った、爽やかバージョンでした。
https://ameblo.jp/mcgenki/

■小松屋本店 小川店
お赤飯弁当は一つ一つのお料理が丁寧!ミニ和菓子もついて500円でリーズナブル&ヘルシー。外食はいつも量が多くて・・という女性やご高齢の方にも無理なくいただけるボリュームです。
http://www.komatuyahonten.net

■むらさき
さすが料亭!という味と丁寧な飾り付けの丼。山葵が葉っぱの形になっているところに個人的には心を掴まれてしまいました。
ネギトロ丼とステーキ丼を家族でいただきました。
http://www.murasaki.sai-navi.com

■麦雑穀工房 マイクロブルワリー
オンライン飲み会の日に小川ポーターをボトルに詰めていただきました。
炭酸でもOKなボトルを持ち込めば、エコなテイクアウトができます。
https://www.craft-beer.net

このボトルはお酒付きの元山岳部の方に漏れない水筒として紹介していただき、購入。大きめサイズですが、1日分のお茶を入れたり、家族で外ご飯の時に大活躍しております。
https://www.kleankanteen.jp/pro…/insulated-beer-growler-64oz


母の日の贈り物には小川町のいいものを

2020年05月05日 投稿者:八田さと子

小川町移住サポートセンターの八田です。
今日はこどもの日。
小川町には数多くの和菓子屋さんがあり、季節の和菓子を楽しめます。

そして週末は母の日。
我が家は毎年、小川町の美味しい物、特産品、たまに手作り品を母の日のプレゼントやお年賀に選んでいます。

今年は、新型コロナウィルスの感染拡大の影響を受ける、小川町の飲食店や製菓店を応援したい! ところです。

みなさんもまだ母の日のプレゼントが決まっていなければ、
地元のお店も応援することができる「良いもの」を見つけてみてはいかがでしょうか。そうだ、お花も地元で注文するといいのかも知れませんね。


LINE スモリバ

2020年05月05日 投稿者:八田さと子

小川町移住サポートセンターの八田です。
町が小川町の情報をLINEで発信する事業を始めました。その名も「スモリバ」です。

詳しくはリンクのページからご覧ください。
https://www.town.ogawa.saitama.jp/0000003670.html

以下かいつまんでのご紹介(転載)です。

「小川町版ひとづくり×SDGsプロジェクト」の取組として、「小川町情報スモリバ」というアカウント名のもと、町内外の幅広い方を対象に小川町に関する素敵な情報をお届けします!なお、LINEを活用した情報発信は、プロジェクトの母体となる「(仮称)まちづくりプラットフォーム準備事務局」が行います。

「スモリバ」というアカウント名は、町名の「小川(町)」→「小さい川(=Small river)」に由来します。皆さんにより親しんでいただけるよう「スモールリバー」を略し、次のような思いを込めて「スモリバ」と名付けました。

小川町には和紙や有機農業、日本酒や歴史的建造物などの地域資源が豊富に存在し、最近では新しい店舗(にぎわい)が次々に生まれるなど、新旧の相乗効果により年々魅力度が増しています。「小川町情報スモリバ」では、そんな小川町の魅力を余すことなくお届けします。実際に住んでいても気づかないような穴場スポットの紹介や、小川町へ足を運んでいただくきっかけとなるような有益な情報まで、お住まいの住所地を問わず幅広くお楽しみいただけるよう工夫してお伝えします。クーポンの配布など、お得な情報も発信する予定ですので、ぜひこの機会に友だち登録をしていただき、小川町を満喫してください。なお、友だち登録は5月1日から受付を開始いたしますが、初回の情報発信は5月11日を予定しています。首を長くしてお待ちください。

転載以上

私も早速 リンク先のQRコードから登録してみました。


おしゃれ/かわいい布マスクが手に入ります

2020年04月15日 投稿者:八田さと子

小川町移住サポートセンターの八田です。
一階の楽市おがわ観光案内所ではおしゃれ/かわいい布マスクが手に入ります。
今日はKAEDE FARMさんが65個の布マスクを納品されました。
私も自分用(KAEDE FARMさん製作)と子ども用(午後の旅人さん製作)に買ってみました。
素材や柄、形がバラエティに富み、選ぶ楽しみがありますよ。
私が購入したのはチェック柄ですが、迷っている段階で、オールブラックのかっこいいのも楽市のKさんに勧められました。これは若い男性やボーイッシュタイプの方に似合いそう!
今や、ファッションアイテムとなったマスク。マスクは必要急務な買い物アイテムでもあると思います。小川町に住んでいるOR立ち寄ったら、楽市おがわでマスクを選んでみてはいかがでしょうか?

画像に含まれている可能性があるもの:1人、食事、座ってる、飲み物、食べ物、室内


カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

* RSS FEED

小川町移住サポートセンター

〒355-0328 埼玉県比企郡小川町大字大塚47番地3 2階 TEL. 0493-74-1515

COPYRIGHT 小川町移住サポートセンター All Rights Reserved.